2020年6月|朝ドラが来る

 

来年の朝ドラの舞台が気仙沼だって情報がSNSからも

知り合いからも、気仙沼つばき会からも一斉に流れてきました。

地元の嬉しさが乗っかって、すごい勢いできました。

コロナ禍の中

みんなが足元と、ごく近い未来に心配ばかりしていたところに

来年のことが話題になるだけでも相当うれしいのに

朝ドラだっちゃ。

 

そういえば

東日本大震災の後 平泉が世界遺産になって

やっぱり中尊寺さんに守られていると思った。

 

今日はいい天気

改めて、三陸道開通のクライマックスになる 気仙沼湾横断橋の工事を眺めた。

頭の中で、かっこいいやる気の出る音楽が流れた。

 

ところで、ドラマには気仙沼弁指導が必要だっちゃね

いよいよ出番が?

おらは、確かに耳まで訛っていると自信があるけんとも

NHKさんから、やってけろって言われでない。

と、ここまで書いて気がついだ。

耳が訛ってるってごどは標準語との区別がついているのが?

ってどごろがあやしい

やっぱり、おらは頼まれねぇ

んだけんと、あー嬉しい!がんばっぺ!逃すんすなよ!

 

人の心は持ちようですね。明るい方を見ているほうが

いい考えがきっと浮かぶはず。