2020年4月|桜の引越し

9年近く前

私たちが越してきた場所の前に

7本の桜の木がやって来ました。

 

震災前

気仙沼の大川沿いに桜並木があって

満開の時は桜まつりが開かれ、屋台もでるし、シートを敷いてみんなお花見の宴会をしたものです

津波にあって、そのほとんどが枯れてしまいましたが

生きていた7本は我が家の向かい側に移植され、

私には詳しくわかりませんが縄で巻いてもらったり、

剪定をしてもらったり、大切に生かされて

一度大きく傷ついた桜だったのだと思いますが

来てすぐの頃より 年々たくさんの花をつけるようになっていました。

 

仮置きだと聞いていましたが

9年たって

以前の桜並木があった付近のかさ上げも終わり、

小さな公園もできました。そこが桜の木のずっと暮らす場所だそうで

先日 7本の桜が引っ越していきました。

 

向かいの7本の桜の木があった場所は、まっさらな土地になって

寂しくなりました。

ひょろひょろの枝に少しだけ、やっと頑張って咲いた花を

それでも、春が来て桜を見ることができて、なんとありがたいことだと、眺めた日を思いだしました。

7本の桜の木にとっては、仮の場所から引っ越して

新たな場所での樹齢を重ねていくことと思います。

近いんだから時々桜に会いに行ぐべ