2019年4月15日|母の日にも!お家でパーティのすゝめ

 

こんにちは!今日は【パーティにおすすめな斉吉の商品レシピ】をお届けします。

春になり外に出てみんなで集まることが楽しみな季節になってきました。

おうちでパーティにオススメな斉吉の商品とレシピをご紹介します。


お家でパーティのすゝめ(1)

まずは〆さんまシリーズの

〆さんま青ゆず」とカマンベールチーズを使って華やかな一品です。

まずは解凍をします。

このようにボウルに水を入れて商品を入れると10分ほどで解凍されます。

今回はパーティなので見栄えを気にして、さんまと柚子を分けてみました。

カマンベールチーズは6Pのものや、6切に切ると可愛く並びます。

ここにさんまを乗せるだけで、おしゃれな一品が完成です。

さんまを乗せたあとに、残しておいたゆずを少しずつ上に乗せました。

見た目ももちろん、味もさっぱりとしていて、お酒にもよく合います。

今回はパーティなので、少しアレンジしてオリーブオイルをかけてみました。

お好みでブラックペッパーをかけてもおいしいです。

オンラインショップで購入


お家でパーティのすゝめ(2)

続いて、「かにしんじょうの湯葉包み」を揚げてみました。

こちらは、中身が調理されているので焼いても蒸しても揚げても召し上がれます。

 

パッケージごと水につけて解凍をします。

10分程したら中身をパッケージから取り出し、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

フライパンに1cmほどの程の油を入れて(商品が3分の1程漬かれば◎)、揚げ焼きをします。

ひっくり返すと、美味しそうな焦げ目が!!

側面が気になる場合は、商品を箸で縦にして、側面だけ揚げ焼くのをオススメします。

揚げた後は新聞紙に置くと、油も切れてオススメです。

今回はみんなでシェアできるように、4等分に切ります。

4等分に切るときに、写真のように側面から切るのをオススメします。

淵から切ってしまうと、中身が押し出されて、不格好になることがあります。

レモンをかけてもおいしいです。

 

焦げ色もよく、断面もとってもおいしそうです。

オンラインショップで購入


お家でパーティのすゝめ(3)

続いて、「金のさんま」に薬味をたっぷりかけてみました。

パッケージから身のみを取り出し、お皿に盛り付けます。

小口ねぎと大葉をたっぷりかけました。

さらに、青のりと刻み生姜をかけて、その上から残しておいた

金のさんまのタレをかけてみました。

薬味にタレがしみ込んで、さらにおいしいです。

オンラインショップで購入


お家でパーティのすゝめ(4)

続いて、「海老カツレツ」と「かにクリームコロッケ」を揚げました。

中身は加熱してあるので事前に解凍しておきくと少ない油でさっと揚がり、カリカリでおいしいです。

少量の油で揚げた後、ひっくり返します。

これもまた揚げ色がきれいです。

カツレツを裏返したあと、フライパンを手前に倒し、

油のたまったところで揚げると、側面も揚げやすくおいしいです。

海老カツレツは断面を見てもわかる通り、海老がたっぷり入って

プリプリでとってもおいしいです。

かにクリームコロッケも同じように揚げると、ジューシーに揚がります。

 

付け合わせのタルタルソースを今回は手作りしました。

まずは黄身が固めのゆで卵を作ります。

茹でている間に、玉ねぎをみじん切りに細かくカットします。

10分程、たまねぎを水にさらします。(新玉ねぎは、さらさなくても大丈夫です)

キッチンペーパーなどで、玉ねぎの水気を切ります。

 

水を切った後に、酢と砂糖につけます。

10分程経ったら、また取り出し、キッチンペーパーで

水気を切ります。

 

その間に茹でておいた卵の皮を剥いて、細かく切ります。

まな板と包丁を汚したくない方は、

ビニール袋に卵を入れて、手でつぶしても大丈夫です。

細かくなったゆで卵と、先程切った玉ねぎを合わせます。

☆玉ねぎの代わりに、瓶に入って売っているピクルスを使ってもおいしいです。

今回は、マヨネーズとマスタードで味を整えました。

お好みで、ブラックペッパーをかけてもおいしいです。

オンラインショップで購入


お家でパーティのすゝめ(5)

最後に、「海鮮ちらし寿司の具」を使って

レモンとバジルの洋風ちらし寿司を作ってみました。

パッケージを水で解凍している間に、バジルのタレを作ります。

・レモンの汁 2分の1個分

・バジル 4枚

・粉チーズ 大さじ1

・オリーブオイル 大さじ1

以上の素材を入れて、すり鉢でペースト状になるまでつぶします。

それができたら、ご飯にお酢とレンコンをかけます。

一息ついて、酢がご飯に浸みこむまで待ちます。浸みたら、ご飯を切るように混ぜます。

炊き立てのご飯を用いる場合、ラップで蓋をして、粗熱をとってもおいしくできます。

混ぜてから器に乗せると、これだけでおいしそうです。

お酢にもこだわっているので、私はひとくち食べてみて、感動しました。

次に、アボカドをさいの目に切ります。

レモンは薄く半月切りに切ります。

次に、ちらし寿司の具をご飯に乗せていきます。

混ぜないで上に乗せるのがオススメです。

ここで混ぜるとイクラが潰れて、ベタベタになることがあります。

 

具材を均等に乗せたら、先程切っておいた

アボカドとレモンを乗せ、バジルも細かく手でちぎり乗せていきます。

隙間に先程作ったバジルソースをかけていきます。

見た目も華やかで、もいろいろな具材が入っているので、

味も文句なしです。

 

少しの手間で、とっても喜ばれるパーティメニューに大変身です。

いつもと違ったアレンジを是非試してみてください。


 

※このページで紹介した商品は下記よりお買い求めいただけます。

オンラインショップで購入