2020年3月27日|アレンジレシピ1品目「金のさんまと大根のごま油炒め」

アレンジレシピご案内は全部で6品まずは
金のさんまを使ったレシピです。

軽く焦げ目がつくくらいに焼いた大根と
金のさんまの相性が抜群で
参加いただいた皆さんからも
ほーーーっの声が一番多かった料理です。

他のお料理も使える目からピカリうろこもありました。

材料 3〜4人分
金のさんま(6入) 1/2パック
大根 1/8本
金のさんまのたれ 1/2パック分
ごま油 大さじ1

三つ葉 適量
胡麻適量

作り方
(1) 大根をいちょう切りする
(2) 金のさんまを 1/3に切る
(3) フライパンでごま油を温め、大根を入れて中火でじっくり炒める
(4) 焼き色がついたら、金のさんまのたれを入れて炒め、最後に金のさんまを加えて優しく合える。
(5) 器に盛り付け、三つ葉とごまをのせる。

ですが
まずひとつめのポイントは(1)いちょう切りですが
写真のとおり 厚めです5−6mmでした。

次に一番の目からピカリうろこポイントですが
(3)のじっくり炒めるところです

炒めるとありますが
焼くのです
大根をフライパンに並べじっくり待ちます
この【待ち】が肝心でした。
大根の表面からうっすら水分が出てきて
返してみると少し焦げ目がつくまでじっと【待ち】です。

私たちはついつい
フライパンを片手にもつと
菜箸でしゃかしゃか しゃかしゃか
動かしまくりますが
動かすと温度が下がり 水が出やすくなるのだそう

えーーっと思いました。
相当もやしとかもしゃかしゃかしていました。
温度が下がって水が出!ていたんだ
家庭用の火のボリュームの時は焼くような気持ちで調理したほうがいいのだそう

キノコとかも
こうすると
抜群に香りがよくなる
私も これ以降
フライパンで野菜を焼くように炒めて
小松菜とかもぐっとおいしくなりました。

こんな風に 手を放して【待つ】のです
少し焦げ目がつくくらい焼いてください。

たれを入れてからは軽く炒めて、たれを絡めあわせる感じです。

ご飯のおかずに
お酒のおともに
うんまいです

こちらの商品を使っています

金のさんま