HOME > ブログ > 食材のはなし > 「あざら」の白菜漬け

食材のはなし:「あざら」の白菜漬け

  • 斉吉のこの頃
  • 食材のはなし
  • 斉吉気仙沼便り
  • ばっぱの台所から
2009年12月14日食材のはなし

「あざら」の白菜漬け

津谷川の白菜農家さん四軒総出で白菜漬けを作りました。山からきれいな沢水が贅沢に流れてきています。ここより上に畑もないしもちろん民家もないそうで 混じりけのない本物の天然水です。この贅沢な沢水をふんだんに使って白菜を洗いながら 作業は進みます。
JPEG Image (6805).jpg

JPEG Image (6669).jpg

JPEG Image (6940).jpg 洗う前に 白菜の外側の葉をはずします。 ちゃんと牛さんがわかって柵の手前まで寄ってきて ちょうだいと鳴くので 柵の中に投げ入れます。 無駄がなくてますます納得です。
JPEG Image (7425).jpg
JPEG Image (8029).jpg
芯は きれいな黄色をした、やわらかな白菜を塩と南蛮(鷹の爪)だけで漬けていきます。
JPEG Image (8298).jpg
山もりです。

JPEG Image (8366).jpg
石は全部きれいに洗ってそれぞれに重量が書いてありました。それを組み合わせて 白菜の重量に見合った重石を載せます。
大事に育てた白菜を 育てたみんなで白菜漬にしました。なんとも言われぬ愛情の中で 作業は進んでいきます。私もホンの少し一緒に作業をさせていただきましたが、きっとおいしい「あざら」になるという期待と ありがたいと思う気持ちでいっぱいの日でした。
斉吉通販サイト
斉吉のtwitter
斉吉のFacebook