HOME > ブログ > 斉吉のこの頃 > 新しい「金のさんま(190g)」の販売について

斉吉のこの頃:新しい「金のさんま(190g)」の販売について

  • 斉吉のこの頃
  • 食材のはなし
  • 斉吉気仙沼便り
  • ばっぱの台所から
2013年06月04日斉吉のこの頃

新しい「金のさんま(190g)」の販売について

斉吉では、2013年6月7日より、新しい「金のさんま(190g)」を発売いたしました。
従来の「金のさんま(150g)」も並行して販売しておりますが、従来品と比較した特徴は次の通りです。
金のさんま (1)ちょっと贅沢!最も美味しいところだけを使用しています
味はそのままに、増量。
尻尾の細い部位は入れず、さんまのおなかの美味しいところだけを詰めました。
従来品は6切れ150g(525円税込)、新商品は6切れで190g(780円税込)です。
(2)数日間、常温で持ち歩いても大丈夫です
賞味期限は、お持ち帰り後に冷蔵庫にて保管頂き、2カ月以内です。
(従来商品は冷蔵状態で1か月・冷凍状態で3か月)
(3)お土産やギフトにも最適です◎
青と茶の化粧箱、しおりもご用意しました。
青と茶は、斉吉の新しいコーポレートカラーです。
「青」は気仙沼の海と空を、「茶」は山や土を表しており、
海と山の幸に恵まれた、気仙沼の風土を表現しました。



■斉吉より、販売によせて

斉吉の「金のさんま」は、
地元では"さんまの佃煮"とよばれる郷土料理です。
日々継ぎ足した「返しだれ」を使い、
新鮮なさんまを少しづつ鍋で炊いています。

震災後、
鍋さえあれば炊けるこの手仕事に、
斉吉は助けられてきました。

この「金のさんま」の復活を目指し、
社員が心をひとつに今日まで仕事を続けられたのは
たくさんのお客様からの、
本当に温かい支えのおかげです。
心より、感謝申し上げます。



このたび販売する新しい「金のさんま」は、
斉吉が、この先10年20年、
ひいては50年先も変わらず手仕事を大事にし、
お客様に「金のさんま」を喜んでいただけるように、
との想いから生まれた商品です。

従来の「金のさんま」は冷凍商品のため、
お持ち歩きの不便さや、
どなたかにさしあげる際の結露など、
ご面倒をお掛けしてきたことと思います。

新しい「金のさんま」は、
常温でも数日間ならば、安心してお持ち歩きいただけます。
また、ちょっとした手土産にもお使いいただけるように、
パッケージを刷新し、化粧箱もご用意しました。

より多くの皆様のもとへ“さんま”が届くことを夢見ています。


今回の販売によせて、お世話になった大勢の皆様に
改めて、心から感謝申し上げます。
ありがとうございます。


株式会社斉吉商店
斉藤和枝



■新パッケージ

新しい金のさんまの、白いパッケージは、
金のさんまがのった白いお皿、をイメージしています。

パッケージの英文には、斉吉の想いを綴りました。

The beautiful ocean brings with it many blessings to Kesennuma every morning.
We present them to you with a grateful heart.

今日も気仙沼に、新しい朝が来ます。
穏やかで美しい海がそこにあります。
海からいただいたたくさんの恵みを、
ありがたく大切にお届けします。


(斉吉)


斉吉通販サイト
斉吉のtwitter
斉吉のFacebook