2017年11月30日

会社概要

会社概要

会社名 株式会社斉吉商店
代表者 代表取締役社長 斉藤純夫
所在地 【登記】宮城県気仙沼市魚市場前3-27
【本社工場】宮城県気仙沼市潮見町2丁目100-1
【鼎・斉吉】宮城県気仙沼市柏崎1-13
創業年 大正10年 会社設立:昭和35年12月
資本金 2500万円
決算月 毎年5月末
従業員数 29人(2018年6月)
事業内容 加工食品製造販売・飲食店経営
主要製品 金のさんま・斉吉海鮮丼など
取引銀行 七十七銀行・気仙沼信用金庫

沿革

大正10年 気仙沼市魚町2丁目食料品小売業「斉吉商店」を開業する。
昭和25年 廻船魚問屋業に着業する。
昭和35年12月 食料品小売業と廻船問屋業を法人化、株式会社斉吉商店とする。
昭和53年 魚町2丁目、食料品店を閉店する。
平成元年 食品部設立、気仙沼市弁天町「気仙沼水産物流センター」に水産物卸店舗を開く。弁天町冷蔵庫新築。
平成6年 弁天町冷蔵庫に加工場を増設、水産加工品の製造を始める。
平成9年 水産物流センター内店舗を閉じ、第三セクター、気仙沼産業センター海の市内に直営店「斉吉魚問屋」を開店。
平成10年3月 食品工場用地として潮見町2丁目102-2を取得。
平成11年4月 資本金を1,400万円から2,500万円に増資。
平成12年12月 潮見町食品工場新築。
平成23年3月 3月11日発生の東日本大震災にて本社、本店、海の市店、工場被災。
平成23年7月 一部商品の製造再開。
平成23年9月 販売再開。
平成24年4月 本郷に仮設にて本店と工場を再開。
平成29年6月 潮見町本設工場稼働
平成29年8月 本店舗【鼎・斉吉】開店
平成30年7月 初の東京常設店、日本橋三越店開店。