2019年8月|かもしか小路 ツタの塔

 

時々カモシカが通るから

カモシカ小路と呼んでいる道の入り口に

ツタで覆われた大きな石の塔があります。

今時期いちばん緑が濃く

海からの風に少し揺れ、てっぺんには避雷針だというとんがりがあって、なんとも素敵。

ツタは美しくどこか、かわいらしいのです。

この塔は小山さんのお屋敷にある雨水の貯水タンクだった

(今は使っていない)とお聞きして途端に、以前行ったアラン諸島で見た

岩盤の上のじゃがいも畑を思い出しました。鼎店のある柏崎も岩盤です。

わが家のご先祖も、ここでじゃがいもを作っていたと聞いていました。

 

アラン諸島はすべてが岩盤で、昔 男の人は岩を砕いてわずかな砂を集め

女の人は海で集めた海藻を担いで岩盤をのぼり、その集めた砂と合わせて

土にしてじゃがいもを作った話を聞きました。

そこには、まさに雨水を貯める岩で作られたタンクがありました。

どうして こんなに厳しい環境でも人は住んだのだろうかと、訪れた時に思ったものです。

今はアイルランド人にとって古典であるゲール語を学ぶ合宿や長期滞在の観光の島になっていました。

 

同じ岩盤の柏崎にも、それは貯水タンクが必要だったろうと、まさに腑に落ちるし

遠くアラン諸島を思い不思議な気持ちになりました。

 

ところで昨日、東北大の経済学の権教授のお話を聞く機会がありました。

人には2重にも3重にも殻があって、その中で、どうしたら良いかと思い悩んでいる、

見つからないため、虫眼鏡をとりだして探そうとする絵を見せられました。

自分の殻ほど見えないものはなく

殻を出た人がいて少しずつ、いえ大きく世の中を変えていくんだと

そうゆうことを考えました。