2019年12月|鶴亀銭湯と鶴亀食堂

気仙沼魚市場の前に

今年の夏 トレーラーハウスの銭湯と食堂ができました。

気仙沼は全国から集まるたくさんの漁船が水揚げする港で

漁師さんのための銭湯がありましたが

震災で被害を受けた後 復活したものの

防潮堤工事で再度取り壊しをしなければならない事となり

再開できないことになりました。

 

漁師さんを迎える港で銭湯が無いって、それはないよ

漁師さんがいるからうんまい魚が食べられるし、みんなの仕事も始まる。

なんとか費用を抑えても銭湯を復活させたいと願いました。

でも銭湯だけでは

どうしても継続できる算段にならず

食堂も一緒に、(銭湯の番台代りに)始めることになりました。

 

その銭湯と食堂は

高知や宮崎や三重や北海道の漁師さんに、うんと親しんでいただき

船が入るとすぐに釣った魚を持って

ただいまとやってきて風呂にはいったり、ご飯を食べたりビールを飲んだりしています。

外から観光や仕事で来たお客さんが 「わーこの魚美味しいっ」て言ったりすると

隣の漁師さんは、それは嬉しそうに「俺の釣ってきたやつも出せ出せ!」と言い

漁師さん同士は沖での話を高知弁 宮崎弁 気仙沼弁 飛び交う

大賑わいです。

なんとー夢見た景色です。

漁期が終わる頃「今年はここができて良かった

冬の間俺たちが来ない間もがんばれよー」って言って地元に帰って行きます。

たくさんの応援してくださる皆さんのおかげで、今いちばん気仙沼らしい場所かもしれません。

 

いつかどうぞ気仙沼へおでかけください。