2018年6月|日本橋

「日本橋」

何世代にもわたって受け継がれた店が並び

日本銀行はじめ明治からの建物

以前から日本橋の落ち着きある賑わいに憧れていました。

日本橋の石に刻まれてる里程標には仙台三百五十粁とあります。

京都五百三粁。鹿児島千四百六十九粁。

(ちなみに気仙沼⇒日本橋は四百六十八粁)

大河ドラマで西郷どんを見ています。

鹿児島から京都も江戸ももちろん歩いています。

私は自分の心が田舎者のため遠いとばかり思っていましたが

あの里程標を見てしみじみ自分たちは日本橋にそう遠くないと思いました。

この度ご縁をいただき

日本橋三越本店内に常設の店舗を開くことになりました。

震災後ずっと行商をさせていただき気仙沼にだけ居たらお会いできないお客様に

たくさんお目にかかることができました。

本当におかげさまです。

気仙沼は大自然の海からのたくさんの魚に恵まれています。とれたての魚を材料にして

日本橋でお渡しできるのが楽しみです。

先先代のおじいさんが生きていたころ一番立派なものだという表現を

「三越から買ったようだ」と言っていました。

一番おいしいと私たちがそう思うものを作ります。

ありがたいことです。

どうぞこれからもよろしくお願いします。